銀行のカードローン審査を通って大きなお金を借入しよう

専業主婦だってカードローンを利用したいんです!

男性も女性もお金を拝借している方が増えてきてとても身近なものとなってきていますが、借りられない方もいるみたいです。
その原因を探っていきますと、すでに何件からかカードローンを利用していてその返済をしていないとか、信用情報に問題があったりマイナスに繋がる部分があったりということが原因みたいです。
専業主婦も以前までは消費者金融に申し込みをして利用することが可能だったのですが、総量規制が出来てから収入が無いとダメだという事になり申し込みが不可になってしまいました。
しかし、専業主婦だって借入がしたい!と考えている方は銀行カードローンに申し込むことが出来ますので、ぜひそちらに頼ってお願いしてみてはいかがでしょうか?


【カードローンの審査はどうやって行うの?】

専業主婦は収入が無いのに、どうして銀行は申し込みが出来るようになっているの?と疑問を抱いている方もいますよね。
銀行カードローンの審査は自分の身分証と配偶者の収入証明書を提出すれば手続きを行なえるようになっているので、事前に準備が必要。
自分ではなく配偶者の情報をもとにカードローンの審査を行ないますから、配偶者が支払い関係で過去に何度か延滞したり遅延したりしていると不利になることもありますので、事前に信用情報機関へ問い合わせて確認しておくべきかもしれません。
問い合わせはどなたでも出来るようになっていますので、ネットやスマホで検索をして調べてみて下さいね。


【気になる限度額は?】

専業主婦は収入がないけれど一体いくらまで借りることが出来るの?と思っている方もいるのではないでしょうか。
専業主婦が銀行カードローンを利用する際には、最高融資額が30万円と決めている場所が多くなっているためそれ以上の利用は不可です。
30万円も枠があれば満足に利用することが可能だとは思いますが、それでも何か起きてしまった時に備えておきたい方の場合は他行に申し込みをする方法しかありません。
ただ、その際にはカードローンを利用したら必ず返済日を守って返済しているかどうかが要になりますから、常にしっかりと支払うようにしましょう。
返済が遅れてしまいそうなときは、それが分かった時点で速やかに連絡を入れて対処してもらった方が無難です。
そのままにしてしまいますと、自宅に督促状が送られてきてしまい、配偶者に知られてしまうリスクも。

カードローンの気になる返済方法について

カードローンやキャッシングなどの金融商品を利用しようとなると、気になるのはその返済方法です。返済方法が選べないとその借入期間も無駄に延長されてしまい、悪質な金融機関であるヤミ金などの手を出してしまった際には、利息もどんどん増えて借金が増えてしまいます。

そこで今回は自分に合ったカードローンの返済方法を審査前に選択するために、どのような返済方法があるのかについてご紹介致します。


<カードローンの各返済方法について>

カードローンの返済方法には数種類あり、その返済方法によって同じ融資額でも返済にかかる期間が変化していきます。

【カードローンの返済方法】
・元利均等払い
・元金均等払い
・分割払い
・リボルビング方式払い(リボ払い)

まずは元利均等払いですが、この支払方法はリボ払いと同じように一定の金額を毎月支払いうというものです。リボ払いと違うところは、元本を元に計算した利息分を先に返済していくため、元本そのものを削るまで時間がかかるという部分になります。元金均等払いは元金の減少と共に利息を減少させ、元金と利息を共に減少させていくという方法です。元利均等払いも元金均等払いも、一気に高額の融資を受けたという際におすすめの返済方法です。月々の返済を一定にしたいのか、最初は高めの返済額を設定し徐々に減らしていくかという部分でも違いが現れます。
そして分割払いはローンを利用する度に元本に対して金利を計算する方式です。元金均等払いに比べると支払総額が多くなるため、カードローンよりもクレジットカード決済などの支払方法に向いています。
最後にリボルビング方式払いは、元金均等払いと同じく元本の残り金額に合わせて金利を設定する方法です。元本にかかる利息を計算して、決められた範囲の金額を選択し毎月返済を行ないます。限度額以内なら何度でも借り入れをすることが出来るため、元金が変動するカードローンにはよく選択される方法です。


<返済方法は自分の環境と収入に合わせる>

カードローンには複数の返済方法がありますが、どうせ返済するのだからどれでも良いということはありません。自分の収入と融資を受けた金額の関係を見て、一番自分に負担がかからない返済方法を選択する必要があります。元本に合わせて金利も減少する方式が一番得する返済方法に見えますが、ボーナスを併用するならどちらも同じ程度の返済総額で落ち着くことになります。

銀行や消費者金融のカードローンの審査を受けて申込みをする場合には、利息と元本の関係を意識し、自分に一番合っている返済方法を選択するように心掛けましょう。

カードローンで車の購入代金を作る

多目的カードローンという言葉をご存知の方はいらっしゃるでしょうか。世の中には住宅ローンや教育ローンなど、目的が固定されているローンがありますが、それでは対応出来ないものに対応すべく、目的をあえて作っていないローンがあります。それが多目的のカードローンです。そして銀行のカードローンであれば高額の融資を低金利で利用出来るため、車の頭金などの融資を受けるにはうってつけの商品なのです。


<車の頭金にはいくら必要になるのか>

車を購入する際には頭金というものを用意する必要があります。手付金という意味でもあるため、車を購入する際には用意をしておいた方が契約はスムーズに行きます。そして頭金と言うと、車本体の料金で20%から30%程度の金額が相場とされています。その金額分を絶対に支払わなければならないという訳ではありませんが、高級な車になればなる程ディーラーが安心するために必要とされます。そして車体の値段と比例して頭金も高くなるのでお金もどんどん必要になります。


<カードローンはもっと自由に使おう>

頭金が払えないからと言って車を諦める必要はありません。車をキャッシュで買うことが出来ないのであれば、いっそのこと頭金も融資を受けてしっかり返済をしてしまえば良いのです。お気に入りの一台があるのならば、カードローンの審査を受けて後悔のない買い物をしましょう。

学費を出すならカードローンで

お子さんが生まれる前から、学費としてお金を積み立てているというご家庭も沢山いらっしゃいます。ですがどのような学校に行くことになるのかは、お子さん自身とその時の環境によって決まります。だからこそ学費として積み立てていた金額で足りないという場合には、審査を受けカードローンを利用することがおすすめなのです。


<行きたい学校に受からないという場合もある>

今は幼稚園からお受験が始まるという時代です。良い環境でお子さんにのびのびと遊んで欲しいという場合も、自宅から近く良い環境を提供してくれる幼稚園や小学校は人気が集中します。そのため受験をするご家庭も多くなり、受験に失敗してしまうと言うご家庭も沢山出てきてしまいます。受験先の学校にかかる費用だけを見ていたら、受験に失敗してしまいもっとお金がかかる学校に行かざるを得なくなったというご家庭もあります。そのような時に臨機応変にお金を準備出来るのが銀行のカードローンなのです。


<カードローンで臨時出費に即時対応>

カードローンは学費を目的として融資を受けることが出来るため、入学金や授業料などでお金が足りなくなった場合にも利用することが可能です。突然お金を工面するということはとても大変ですが、カードローンであればとても簡単に準備出来るのでおすすめです。

旅行費用の工面にカードローン

突然旅行に行きたいと頭に浮かぶ方もいらっしゃると思いますが、思い立ったらすぐに向かわなければなりません。何故なら突然屋久島に行きたいと頭に浮かんだら、屋久島の杉の木が自分のことを呼んでいる。などという表現もあるように、頭に思い浮かぶということは今まさに自分が望んでいることであり、旅行したい場所にある何かが自分を呼んでいるということになるからです。


<カードローンなら目的も自由に設定可能>

カードローンは契約した限度額以内であれば繰り返し借り入れ出来るもので、特にこれと言って目的を大々的に設定しなければならないものではありません。だからこそ旅行などちょっとお金がかかるものに利用出来るという利点を持っているのです。審査も簡単スピーディですぐに完了するため、週末に旅行しようと思い立った時も手軽に利用することが可能です。


<思い立ったが吉日とは本当の話>

やりたいな、でも出来る程のお金を持っていないから無理だな。そう考えている間に一生が終わってしまっても良いでしょうか。たった一度きりの人生なのにお金という鎖に縛られた生活をするなどと、なんて勿体ないことなのでしょう。カードローンで融資を受ける金額は、何も沢山設定しろと言っている訳ではありません。必要な分だけ借入を行ない、思い立った旅行計画を実行に移しましょう。